FlashPlayer7 コンテンツ制作時の線の設定

  1. Flash CS3 にて FlashPlayer7 コンテンツを作成中
  2. Illustrator のオブジェクトを「ctrl(cmd) + v」でペーストする。
  3. パブリッシュするとコンパイルエラー
警告 : このムービーは Flash 7 Player でサポートされていない機能を使っています。
シンボル = hoge, レイヤー = レイヤー 1, フレーム = 1 :このプレーヤーでは、線の拡張機能はサポートされていません

原因は FlashPlayer8以上で対応した線の機能を使ってしまっているため。対応は:

  1. 一旦パブリッシュ設定を「Flash Pleyer 8」にして。(一旦変更しないと線の設定がいじれない為。)
  2. Illustrator からペーストしたイラストの全ての線に対してプロパティパネルから、
  3. 「線端」を丸型
  4. 「結合」も丸形
  5. 「伸縮」を標準
  6. パブリッシュ設定を「Flash Pleyer 7」に戻すとエラーがでなくなってるはず。

「FlashPlayer7 コンテンツ制作時の線の設定」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。

    FLASH8でPlayer7コンテンツ制作しているときも、イラレからコピペすると、この症状が出てましたね。

    線がたくさんあってめんどくさいときは、FLAファイル自体を一回、MX2004のバージョンで保存しなおすと、全部直りますよー。ご存知だったらすいません。

    ただ、CS3だと、「CS3→8」「8→MX2004」の2工程が必要な上に、CS3と8の2ソフトが必要になっちゃいますね。。。

    Flashも、いろんな下位バージョンで保存できればいいのに。
    なぜいつも一個だけなんでしょうか。。。

  2. むしろイラレのデータを
    オブジェクト>分割・拡張>線 を選択
    でとかでパスデータにしちゃうってのもありかもしれませんな。

    手前味噌ですが、こんなん感じで。
    http://blg.emzah.com/archives/17

  3. 私もイラストレータから線を読み込んだときの症状にはいつも困っています。
    イラストレータからイラストなどを読み込んだときの線は
    そのままではカクカクしていて、イメージ通りの線になりません。
    なので8以上で書き出す時もSMDさんと同じ方法で
    必ず線の拡張機能を削除しています。

コメントは停止中です。