リアルに効果出るだろうなという素敵サイト

308sw.jpg
308sw-dream.jp

サイト上で絵本をカスタマイズ&メッセージを添えたオリジナルページを作成して送信すると、後日プジョーのディーラー店でその絵本がもらえるというキャンペーン。

やはり Web キャンペーンのゴールはクライアントの助けになることだろうし、この事例の場合は「ディーラー店に足を運んでもらう」というのがゴールの一つであるわけだろうけど、一般的に、クライアントのゴールが現実世界の事柄である場合、ネットでどう貢献するかは難しいところですよね。その目的の最適解を考え抜いて作られたサイトな感じがしてすごく素敵です。

実際にユーザーのオリジナルメッセージページを一覧することができるんだけど、ユーザの優しいメッセージが集まってて、部外者の僕すらいい気持ちになるw。(あまりにも微笑ましいもんだから、初期表示画面はスタッフの自演じゃないの?と疑り、こっそり最近の投稿を見たらそこも優しいメッセージでいっぱいだったので、疑った自分がミジメになりましたスミマセン。)

車の購入ってのは家族中の一大イベントで、旦那さんだけ必死になってても駄目なわけで、そこをこのサイトは「リアル絵本」で家族同士を盛り上げることで店舗への導線を作ってる。僕がサイトを初見した時は、父親が息子に絵本作らせて、それを口実に嫁さん連れて休日にディーラーってのが多いんだろなと邪推してたんだけど、旦那さんから奥さんにとか、奥さんから旦那さんに向けたラブレターもちらほらあって、素敵なネットユーザもいるもんだなぁと勝手に感心してました。そのストーリー用の絵本テンプレもきちんと用意されてるあたりがスゴイなぁ。
とにかく、部外者の僕にも伝わるほどのユーザ家族の愛が見える「車の販促サイト」って史上初なんじゃないかと思いました。

coby.jpg
コビーおじさんのABC工場

こちらは幼稚園のサイト。子供がサイト上で楽しく英語の学習ができる、できそうだと両親は思う、この幼稚園に入園されれば楽しく知育できそうだと両親は思う。という感じで、一見子供ターゲットのコンテンツだけど、実際に入園決定権を持つ両親をくすぐりまくるサイト。

サイトがとても丁寧に作られていて、子供が単純なキーボード操作だけで楽しめるし、「今日集めたアルファベット」みたいな感じで、親子が毎日一緒に楽しめる工夫がされてる。なんとか継続してこの幼稚園の露出を上げようという工夫が、やらしくない感じでコンテンツ化されてる。さらにサイコロをプリントアウトしてリアルに遊べる(そーいや子供の時は小学館の雑誌の付録の山折り谷折り線にテンション上がってたなぁ、、)。

ということで、上記2サイトとも、コンテンツ提供側の「愛のある策士」っぷりがとてもいいなと思いました。

追記:なんか勝手にサイト評論っぽいことしてるだけの自分が可哀想になったので自己フォロー。僕もコンテンツ制作者として「愛のある策士」になろうとは一応意識してて、企画考えた時はユーザストーリーを壮大に妄想してるんだけど、作ってる途中でだんだんと自分の実装&表現スキルが情けなくなって失速していくのがなんとも口惜しい。もろもろスキル上げたい。そんな状況。


“リアルに効果出るだろうなという素敵サイト” への4件の返信

  1. いつも愛のある評論ありがとうございます!! コビーおじさんは宣伝のためのコンテンツというよりエデュケーション目的のコンテンツとして作成しました。こちらからユーザーを縛り付けることをせず、特に目立った誘導もしない、というちょっと変わったサイトです。本文でおっしゃっている通り、リアルなコミュニケーションを軸にした、親子で遊んで意味があるコンテンツになったかと思います。

    そういえばTeraClockを作られたのも「愛のある策士」では?

  2. >AkiraFukuokaさま
    制作ご本人様の降臨ありがとうございます。
    目的自体が「エデュケーション>宣伝」だったのですね。
    ドメイントップにも関わらず宣伝色がないので、すごいクライアントだなと思ってました。(コビーさんはどこかの保育園かと思ってたら、数か所に園やその他の業種も持った大きな会社さんだったんですねw。)
    TeraClockも今後いろいろ広め方を考えたりしてるので、たしかに策を練ってるかもしれません(笑)。
    今後ともよろしくお願いいたしますー。

  3. はじめまして、いつも見させていただいてます!
    AkiraFukuokaさんではないですが、愛のある評論ありがとうございます。
    制作の意図汲んでもらって凄くうれしいですっ。308sw-dream.jpの投稿は、ご指摘の通り優しいメッセージが多く(自作はないですよw)こういったコンテンツはユーザの善意にささえられてるなぁとつくづく感じます。
    teraさんの言うように愛を持ってユーザがアクションをしてくれることを祈ってます。
    リアル軸のプロモーションはしんどいけど楽しいですね。
    今後ともよろしくおねがいしますー。

  4. >chihilogさま
    制作者さま降臨ありがとうございます!
    最近ではFlashの実装はプログラム・数学・物理ができる人が強いですけど、こういうユーザーのための場作りは心理学やってたような人が活躍できるフィールドなのかもしれませんね。
    細心の気配りができる人が適任!みたいな。(O型の人が向いてるんでしょうかw)
    今後ともよろしくお願いいたしますー。

コメントは受け付けていません。