dotfes(ドットフェス)の僕の発表資料&ビデオ

あぁ・・・。

dotFes で発表してきました。貴重な時間を割いて僕の授業に来てくださった皆さん、時間足りずにテンパってすいませんでした。

その反省プラス、教室に入りたくても入れなかった人もいらしたとのお話も聞きました(雨のせいもあって会場人多すぎなせいもあって)ので、このエントリでできるだけフォローさせていただこうと思います。何本かスクリーンキャストを作りましたので、もろもろ資料をダウンロードした上で見てもらえればと思います。

とりあえず今日の発表があまりにも・・・だったので、発表できなかった問題4も含め、帰宅後急遽作った動画です。動画の解像度低いとか、解説があやふやとかあれば後日撮りなおしとかも考えます。
(注:このエントリの続きにスクリーンキャストビデオを埋め込みまくっています。これってRSSリーダーとかで迷惑かかってます?大丈夫?)

配布プリントデータ

当日配布したプリントの元 pdf データ(全5枚)を以下の場所に zip 圧縮(4.3MB)しておきました。

http://www.trick7.com/dotFes/dotFes_trick7_print.zip

問題1~4までのファイル一式

http://www.trick7.com/dotFes/dotFes_trick7_source.zip

FlashDevelop を使った都合上、各問題フォルダに「.as3proj」形式のプロジェクトファイルが同梱されていますが、FlashCS3 しか持っていない人でも .as ファイルを CS3 で開いていただけば大丈夫です。

導入

プリント1枚目のドキュメントクラス解説に言及したビデオを近日作ります。
ドキュメントクラス使用の有無を挙手で聞いた時に、使ったことない人が僕が想定してたよりも多かったので、ここで発表内容を細かめに切り替えたのが時間足りなくなった元凶だったかも。でも、ここを理解してないと以下の問題に進めないと思うので、後日頭スッキリした状態でビデオ用意しますー。

問題1

1. Flash ステージ上に「00」と書かれたテキストフィールドと「+」ボタンがあります。ボタンをクリックするとテキストフィールドの数が加算されるようにしなさい。

2. さらにボタンを長押しすると「ピッ・ピッ・ピッ・ピピピピピ…」というふうに、最初はゆっくり、そして高速に数字が加算されていくスクリプトを考えなさい。

3. AS3 には AS2 のような releaseOutside が存在していないようだ。同様の機能になるように AS3 でコーディングしなさい。

問題2

Tweener を使って「手を抜いて作ってる割にはそれっぽい」かつ「使いまわしがきく」ようなボタンの仕組みを考えなさい。(ビデオ準備中)

問題3

1. Flash で時計を作り、出力ウィンドウに「00:00:00」の形式で毎秒出力しなさい。

2. 秒数が3の倍数と3が付く時には「00:00:00~!」と出力されるようにしなさい。

問題4

ドキュメントクラス上に四角形を描画する外部クラスをaddChildで表示させようとしている。四角形のサイズをステージの半分にしたいのに、外部クラスから stage.stageWidth, stage.stageHeight がうまく取得できない。どういう対応が考えられるだろうか?

親クラス内で定義されているxmlの値を、そこにaddChildされた子クラスから「parent」を使って読み込みたいのにうまくいかない。どういう対応が考えられるだろうか。

全体を通して

AS3でコーディングしてて「強制型変換・キャスト」と「function(e:Event)系のメソッドのちょっと応用的な使い方」とかでつまづくことって結構ありませんか?って同意を求めたかったんだと思います。


“dotfes(ドットフェス)の僕の発表資料&ビデオ” への17件の返信

  1. 昨日は会場でライブコーディングを拝見しました。自分ひとりでやっていると気付かないことが多く、時間が短かったのがとても残念だったくらいです。本エントリで公開していただいたビデオも参考にさせていただきますね。あと、livedoor ReaderでRSSを読んでいますが、何の問題もありませんでしたよ。

  2. >木本様
    いつもコメントありがとうございます。
    家で練習していたときは第1問目を20分で終われる計算をしていていたのですが、うまくいかないものですね。。
    結局中途半端に3問だけという結果でしたが、僕があれだけテンパっていても、FlashDevelopのコードヒントのおかげである程度動ける状態までコーディングできる、というコード補完機能の良さが伝われば幸いです。
    貴重なお時間の中、お越しいただきありがとうございました!

  3. スリリングなwライブコーディングを拝見しましたよ!
    「廃校で遊ぶんだろう」ぐらいの軽い気持ちできていたので、
    あの短い時間の充実ぶりに、驚きました。
    FlashDevelopって便利ですね!今日から使ってます。
    お教えいただき、ありがとうございました。

  4. 授業参加しました。

    個人的には人のコーディングを見る機会なんて滅多にないので参加して良かったです。

    Flash Develop使ってみよーと思いました。

  5. いつも参考にさせていただいてます。
    dotfesに行けなかったため、すごく有り難いです。
    FlashDevelopはインストールしていたんですが、そのまま放置していまして・・・
    このPDF+スクリーンキャストでなんとなくつかめたので、どんどん触ってみたいと思います。
    ありがとうございました。

  6. みなさまどうも温かいお言葉ありがとうございます。
    もっと準備万端で臨めるように頑張ります。
    って、もう次はないけどw
    スクリーンキャストでいいじゃんと言われれば、それは本当に僕もそう思います。

    >あつのすけさん
    ご指示通り、コメントは非公開にさせていただきましたが、仰る通り、タロタローグの中の人が改修してくださって、生成直後に時・分・秒を取得できるようにパワーアップしています。

  7. 一方的に二度目まして。

    .fesには出掛けていたのですが、
    teraさんの授業は人気あり過ぎて中に入れませんでした。
    とても分かりやすい授業をされていたのですね。

    >メソッドのちょっと応用的な使い方」とかでつまづくことって結構ありませんか?

    あると思います。
    では。

  8. >CAMELRIDERさま
    どうもありがとうございます。
    ビデオの残りの部分も作らないとですね。

  9. はじめまして こんばんわ。
    アクションスクリプトを始めて一ヶ月の初心者です。
    Tweenerってなんだろ?って思い、検索していたら他の人のブログにこちらが紹介してあったのでお邪魔させて頂き、動画を拝見させてもらいました。

    とても分かりやすい説明なので、私のような初心者でも理解しやすかったです!
    なにぶん、一人で悪戦苦闘していたもので、初めてこのように人の口から説明を聞けて、とても楽しく分かりやすかったです!
    もしまた授業を行う時は、是非とも参加させて頂きたく思います!

    とにかく今は、疑問だった部分などが、動画を拝見して自分なりですが消化できたので、便秘が治ったように気分スッキリです!

    これからもお邪魔させて頂きます。
    意味不明ですが、本当にありがとうございました!!

  10. >takaさま
    コメントどうもありがとうございます。
    ActionScriptデビュー1ヶ月でtweenerとはスゴイですね。
    僕がFlashを始めた頃は、ものすごくスローペースで勉強していたので羨ましいです。

    今年はじめ、ブログのデザインを変更したので、表示がちょっと崩れてしまっていますね。まぁ見れるしいっかー。

    今後ともよろしくお願い致します。

  11. ピンバック: dotfes 2008 TOKYO | tatzulog

コメントは受け付けていません。