FlashのCamera・Microphoneクラスを使うときの注意点

webcam.jpg

FlashでWebカメラやマイクを使う時の落とし穴。おなじみの上のパネルはFlashのステージサイズが横214px、縦156px以上ないと、どれだけスクリプトが正しくっても表示されない。Webカメラを使った横幅160pxのブログパーツを作るぞと意気込んで4時間もハマってしまったので、これは共有しておくべきだと思いました。ブログパーツを作ろうとしてる人は気を付けてくだせい。

ちなみに上のサイズ以下で正しいCameraクラスのコードを書いてパブリッシュすると、カメラ設定パネルは表示されない、ステージは真っ白、なのにCameraオブジェクトはきちんと存在している(camera != null)という悩ましい結果になる。
もうひとつ補足。設定パネルのためだけに横214px、縦156pxが必要なのだけど、カメラのサイズ自体はそれ以下のサイズにしても大丈夫。

追記:さらに正確には、次のように「デバイスリスト」取得だけならOKよというケースもあるそうですので参考にさせていただきましょう。
「FlashのCamera・Microphoneクラスを使うときの注意点」の注意点 – blog.katsuma.tv」様