断念してしまったゲーム(コンシューマー系)

名作と言われてるのに何故か自分は続かないゲームというのがあって、自分側にゲームの審美眼がないのかなと思ってしまいます。

名作と言われてるのに自分は最後まで楽しめなかったゲーム

ゼノブレイド:序盤から戦闘時の操作が多いなぁと思ったけど、予知能力覚えたとこぐらいで、もう操作がややこしいわ〜ってなって断念
時のオカリナ:3時間ぐらいやって、先が長そうで断念
スカイウォードソード:7時間ぐらいやって、先が長そうで断念
ゼルダ1:子供の時はマリオ系アクションゲームが好きだったので、画面や操作が退屈に思えて断念
世界樹4:20時間ぐらいやって、このあとも同じ感じやろなぁと思って断念
女神転生シリーズ:ドラクエのモンスターの方がかわいいわ〜と思って断念
スマブラ:適当にボタン押せば勝てるゲームらしいけど、それだと燃えないし、かといってコマンド覚える努力も面倒だーと思って断念
オウガバトルやFFT:ストーリー画面が長くて、あんまり感情移入するタイプではないので断念
グランドセフトオート:自由度高すぎて断念
グランツーリスモ:壁に当てて曲げても罪悪感感じないので自分は写実的なレースゲーム向いてないと思って断念
モンハン:一人プレイで10時間ぐらいやって断念
バーチャロンやZOE:適当に操作してしまう自分に情けなくなって断念

名作と言われ、かつ自分も楽しんだゲーム

神々のトライフォース1&2:新しいアイテムとったときの世界の広がり感(先に進める感)がツボ
リンクの冒険:下突きの気持ち良さがツボ
ドラクエ1〜8:メタル狩りの快感と、強くなっていくのがツボ
ソリティ馬:ソリティア(ゴルフ)がそもそも面白いのと、1世代サイクルが早いのがツボ
マリオシリーズ:いろんなステージを操作してるだけでツボ
007:対戦時のスナイパー感と場の盛り上がりがツボ
レギンレイブ:弓矢でスナイプするのがツボ
地球防衛軍:007とレギンレイブと同じツボ
ボンバーマン系:対戦と、爆弾蹴って狙った場所で止めるのがツボ
ブレイブリーデフォルト:強くなると剣を何度もバシバシしていくのがツボ
無双系:ホウトウとかで大量の敵がコンボで浮き上がっていくのがツボ
マリオカート:アイテムとかわかりやすいのと対戦がツボ
パズル系(テトリス、ぷよぷよ、ドクターマリオ、メテオス etc):連鎖の気持ち良さ
キングオブキングス:音楽と、強化の楽しさ、かつ、さくさくゲーム展開するのがツボ
ファイアーエムブレム:上に同じ。3DS版はキャラデザも良かった。
信長の野望:2ぐらいまで。それ以降はややこしそうなのでやってない
バイオハザード:2ぐらいまで。

名作と言われてるのに、食指が動かず未プレイのゲーム

MOTHER:リアルタイムを逃した。今更やるのもという。
ロマサガ:上に同じ。
最近の洋ゲーFPS:リアルすぎて画面が見づらい
格闘ゲーム:コマンド覚えるのしんどい
ポケモン:気づいた時にはいい歳だったから
ときメモとかラブプラス:美少女ゲームはちょっと敬遠

傾向

・コマンド覚えるのが面倒臭い
・戦闘シーンでとっさのコマンド入力を求められるのが面倒
・ストーリー性を求めてない
・先が長そうだと思うと諦めてしまう
・対戦で場が盛り上がるのが好き(対戦系ゲームを楽しんだのは子供時代で、大人になってからそういう場がないのでスマブラが続かなかったのかな)
・スナイピングが好き
・当然子供時代にプレイしたのは評価高めだわな

齢を重ねるにつれ、マイケル・ベイの映画いいわ〜とか思ってしまっているので、たぶん頭空っぽ状態でも楽しいのが好きなのだと思う。頭空っぽなんだと思う。


カテゴリーmemo