FlashLite1.1やる人が初日に覚えるといいことクイズ

Flashの経験がない状態でFlashやりなさいといわれた時に、最初の1,2時間ぐらいで覚えたほうがいいFlashの基本事項をクイズ形式にしてみました。
※主にソーシャルゲーム用FlashLite1.1開発する人 with 経験者の先輩の手ほどきを受けながらというイメージです。
間違いあったらすいません。
“FlashLite1.1やる人が初日に覚えるといいことクイズ” の続きを読む

ソーシャルゲームを作ってた1年でした

この1年は会社業務でソーシャルゲームを作ってました。
その間、所属もリクルートのMTLから、コンテンツ企画開発を目的にMTLからスピンオフした「株式会社ニジボックス」になりました。
全く紹介もしてきませんでしたが、ブログエントリしなさすぎて心配されることがちょっとふえてきましたので、一応1年やってたことを書いてみます。文字だけで。

(上から最近のお仕事)

ヤン極志(携帯ソーシャルゲーム)

http://nijibox.jp/yngk/
今年7月にmobageとgreeでリリースした「ヤンキー+三国志」なカードゲーム。Flashを担当。
携帯ソーシャルゲームに最適なアニメーション演出からロジック実装、軽量化の工夫(+超大量の作業)など、FlashLite1.1のことを広範囲に考えて作成しました。
携帯ソーシャルのFlashは、ゲームをインストールしたてのユーザーさんが「おっ!」って感じでパッと見で興味を持てる掴みと、以降は何度も繰り返してみることになる邪魔な存在になってしまうこととのジレンマを、気持ちのいいボタンスキップでストレスを減らしていく、そんなことを考えて作ってました。
この「ヤン極志」はじめ、そこからの横展開でできたゲーム「妖女大戦(ようじょたいせん)」と「レジェンドオブオーディン」もgree,mobageで公開中。

戦争ウォーズ(Yahoo!モバゲー)

http://yahoo-mbga.jp/game/12003225/detail
コミカルなドット絵の兵器ユニットをユニットコスト(10ポイント)を使ってユニット編成して、他ユーザーのユニットと戦ってエリア制圧していくPC用簡単タクティクスゲーム。
兵士から爆撃機まで、全8種類のユニットにはそれぞれ相性があるので、一概に強いユニット構成というのはなく、相手に応じた編成で勝ち進んでいくところにゲーム性があります。
このプロジェクトは企画とFlashモック作成をした状態で、僕はヤン極志に注力することになったので、社内メンバーさんといつもお世話になっている外部のFlasherさんに引き継がせてもらって、2011年8月リリース。そこから運用に関わらせてもらって現在も上り調子で公開中です。
下の「おしゃれ泥棒」同様、チュートリアルや画面上での説明やキャンペーン案内、操作導線等、企画〜操作の全フェーズでユーザーが迷わないよう案内することの大切さを学びました。

おしゃれ泥棒(Yahoo!モバゲー)

http://yahoo-mbga.jp/game/12003250/detail
去年7月、ひょんなことから企画制作することになった僕がはじめて携わったソーシャルゲーム。
まさか30過ぎたオッサンFlasherが作ったとは思えないであろう”女性向け洋服コレクションゲーム”ですが、そのゲーム内容は「他人の洋服をこっそり借り、相手にバレずに一定時間をやりすごせるとゲーム内通貨が稼げる」という、なぜかバトルゲーム。
Flashを作ってくれたのは、なんとClockmaker池田さん(Clockmakerブログでもバナー貼ってくださってました)なので、外見はカワイイ感じのゲームですが、裏は超絶AS実装。
去年10月にリリースしてからは矢継ぎ早にキャンペーンをしたり、洋服や機能を追加したり、問い合わせ対応、バナー作りまで、「リリースしてからが勝負」といわれるソーシャルゲームですが、それを実感いたしました。リリースから1年以上経ちましたが今も育ち続けているYahoo!モバゲーのゲーム。

これから

以上ソーシャルゲームを中心に1年やってきました。
ソーシャルゲームに携わり、いろいろ得るものもありましたが、一方で、新しいことを自分で0から勉強しつつ全部作ることへの憧れが再燃してきたこともあり、心機一転10月からはスマートフォンアプリの開発をしています。
CoronaSDKはじめました。CoronaSDK開発のレポートも含め、スマホ系のあれこれは、弊社ブログ「ニジボスマホ部」で書いています。

「ハモニナペアゲー」 ― 携帯ゲームサイト

pagame

すこし前の話になりますが、勤務先のMTLにて携帯Flashゲームサイトを作りました。「ハモニナペアゲー」といいます。ペアでやるゲームだからペアゲーです。1台の携帯を2人で寄り添って遊ぶスタイルのゲームをたくさん用意しています。ゲームはFlashLite2.0で作りましたので対応機種をお持ちの人、持ってない時は持ってる友達のケータイで、ぜひ遊んでみてください。
行列待ち時間や合コンで遊べば、リアルに隣の人と仲良くなれたり、気になるあの子の頭の中を知ることができます。全ゲームは体験プレイできるんですけど、月額315円の会員になれば全ゲームの制限がなくなり、隣の人とよりつっこんだコミュニケーションができるというわけなので是非!

pagame_qr
ハモニナペアゲー:http://pagame.jp

朗報:モバイルはHTMLよりもFlashがいいかも!?

MarkeZine(マーケジン)に嬉しい調査結果が紹介されてました。
HTMLサイトよりFlashサイトを支持するユーザーが増加【モバイルリサーチ】

戻るボタンの誤操作への配慮など、気をつけなければいけない点ももちろんあるけれども、過去PCユーザーにさんざんFlash重いだの無駄だのプレイヤー互換だの言われ続けてきたのに比べればすごく朗報。

そして記事著者の嶋田さんというかたがお若い。ケータイユーザ層な人が調査してくださってるんだからありがたいですね。ほかの調査報告もとても興味深いです。

今月のWebdesigningもケータイサイトの特集をやっていて、読み応えがありますね。

Web Designing (ウェブデザイニング) 2009年 10月号 [雑誌]

FlashLite2.0と903iシリーズ

どうも明日10/12日に、DoCoMoの903シリーズが発表されるそうで、流出画像を見た印象では、So, Fのデザインや質感を見てみて、FlashLite2.0が動いて、GPSが使えるのであれば機種変更を考えようと思ってます。発表後、おいおい仕様などを更新していきます。

そうでなければ、auに乗り換えようと思っていたのですが、
X-LABO: FlashLite2.0 W43Sでの検証
さんが、PCのFlashLiteエミュレーターからauのW43Sでの実機検証をされていて、思っていたほど「FlashPlayer7のノリでswf作ったら動くよーん」みたいな気軽さはないようなので悩みます。
携帯Flash用のクセのあるスクリプティングを覚える前に、他に山ほどおぼえないといけないことがある僕は、携帯Flashにはまだ手出ししないほうがいいのかも。

ウィルコムのesも候補の一つだけど、できればもう少し回線速度が速いほうがいいなぁ、
と悩んでいる僕は、いまだにカメラもついていない初代preminiです。

10/15追記:Flash Liteの対応バージョンがまだ分かりません。
作ろうiモードコンテンツ:Flash®対応端末の情報 | サービス・機能 | NTTドコモ
のページに掲載されると思うのですが、DoCoMo様はやく更新して下さい。

10/23追記:上のスペックのリンクが更新。SH903iはFlash Lite 1.1です。残念。どうやら発売日近くになると、更新されるようです。どうも903i全部Flash Lite 1.1っぽいなぁ。

auの新モデルにFlash Lite2.0搭載

KDDI au: 技術情報 > 機種別情報一覧
いよいよFlash Lite2.0搭載端末がauから登場。docomoも早く出して下さい。
自分はカメラもiアプリもFlashも動かない初代preminiユーザーなので、携帯電話がどれだけ使えるツールなのかがよく分かりません。
Flash Lite2.0搭載で「ひまつぶしツール」としてゲームコンテンツが増えていくのか、バリバリのRIA端末として使われるのか、それともそんなにFlashを必要としてないのか、一般ユーザーがどういうノリで携帯アプリを扱っているのかがさっぱり分かりません。

僕は「PCは接続タダなんだから、わざわざパケット代払って狭い画面でやりたくねーよ」と思っているのですが、若い子の中には携帯FlashでFlashを知った(ソース失念)子もいるらしく、そんなネクストジェネレーションに馬鹿にされ、駆逐されるのが怖いので、頑張って迎合していこうと思います。

Flash8でFlash Lite 2.0制作環境のセットアップ

まず、環境を作りました。
adobeのサイトから「Flash Professional 8 用 Flash Lite 2 アップデート」をダウンロードし、アップデートをかけます。Flash Professional8用とある通り、Basic向けではないので注意。
アップデート後、Flash8を起動させ、新規Flashドキュメントをセットアップ。プロパティパネルのパブリッシュ設定の中の「バージョン」項目の中に「Flash Lite 2.0」が追加されているので選択。
次にデバイス設定をするのだけど、06/06/06現在、Flash Lite 2.0コンテンツのプレビューはadobeが用意する汎用エミュレーターのデザインしか選べない様子。このエミュレーターでは、ムービーサイズが178×208ピクセルに縮小されてしまうので、国内携帯電話用のFlash Lite 2.0コンテンツを240×320で作ろうとする場合は、縮小されるのを我慢してムービープレビューするか、adobeが国内端末用のサイズ・メーカーに対応したスキンを出すのを待つかのどちらかだと思います。

まだセットアップしただけで、詳細は分かりませんが、adobeのlivedocsに「Flash Lite 2.x アプリケーションの開発」等、結構なボリュームの解説があるので、参考にしながら作っていこうと思います。